WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月 4日のニュース

きょう立春。報恩寺の竹林で霜柱の下を掘れば早くもタケノコ

タケノコ  きょう4日は春の訪れを告げる立春。福知山市報恩寺の農業、平石幸一さんは同日朝、雪が所どころに残る竹林で、早くもタケノコを掘り出し、春の恵みと対面した。

 平石さんは、亡くなった父親から受け継いだ竹林で約20年間、タケノコ掘りをしている。「毎日1回はやぶに行く」という平石さん。猛暑の影響か、昨年11月にも大きなタケノコを収穫し、地元の文化祭で展示したという。
 
 3日の福知山は12・8度と、日中は3月下旬並みの気温になったが、4日朝の最低気温は氷点下3・1度を記録。そんな中、午前9時ごろから、昇った太陽に照らされた竹の影が伸びる斜面で作業。霜柱が立つ地面を踏み進み、トグワで丁寧に掘り出した。
 
 長さは約20センチのものばかり。平石さんは「この時期にしては大きい。外はまだまだ寒いのに、土の中で伸びている。えらいもんや。今年は昨年よりたくさん取れると思う」と期待していた。 

写真=雪が残る竹林でタケノコを掘り出した平石さん(きょう午前9時30分ごろ)
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ