WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年2月 3日のニュース

ガンカモ類など「死んだ野鳥」見かけたら触らず連絡を 鳥インフル対策で市

0203magamo.jpg 高病原性鳥インフルエンザウイルスが全国で検出されている問題を受け、福知山市は「ガンカモ類など死んだ野鳥を見つけたら連絡を」と呼びかけている。

 府の要請を受けた対策。感染のリスクが高いカワウ、アオサギ、ダイサギ、マガモ、ゴイサギなど30種の死んだ野鳥は、1羽でもいれば市職員が引き取る。
 
 その他、スズメ、カラス、ハトなどの野鳥は5羽以上死んでいる場合か、同じ地域で数日間にわたって連続して死んでいれば引き取る。
 
 これに併せ、府と市は、死んだ野鳥を見つけた場合、素手で触らない、フンを踏まないことなどを呼びかけている。
 昨年11月以降、中丹地域では対象となる30種の鳥が死んでいた例がこれまでに7件あったが、簡易検査の結果、異常はなかった。このうち、福知山では11月16日にマガモ、12月20日にコサギが死んでいたという。
 
 問い合わせは電話0773(24)7044の農業振興課へ。
 
 
写真=福知山市内で羽を休めるカモ。マガモなど30種の死んだ野鳥は1羽から引き取る

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ