WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年1月25日のニュース

宇宙科学の出前授業に児童ら興味津々

宇宙  福知山市出身で京都大学大学院生の芦田康将さんによる「宇宙科学」をテーマにした出前授業が24日、前田の雀部小学校(加藤由美校長)であった。宇宙に関心のある児童が多く、6年生86人は熱心に聴いていた。

 昨年6月、太陽系の小惑星「イトカワ」から7年がかりでサンプルを地球に届けた探査機「はやぶさ」の帰還カプセルなどが、京都大学総合博物館で特別公開(2月2日−6日)されるのを記念して、府教委が府内の小・中学校32校で出前授業を実施している。市内では、同校のほか川合、中六人部小学校で開いた。

 雀部小と中六小で講師を務めた芦田さんは、福知山市新庄出身。現在は、京都大学大学院の生存圏研究所で、イオンエンジンなど、宇宙での推進システムの開発をしているという。その知識で「はやぶさ」の打ち上げから帰還までの過程などを、丁寧に分かりやすく解説した。

 小惑星「イトカワ」への着陸が思うようにいかず、最初は失敗したが2度目のチャレンジで成功したことなど、具体的なエピソードを中心に話した。ほかにも、宇宙は137億年前に誕生し、星の数は現在、2000億×2000億個あると考えられているといった宇宙構造の話もあった。児童らは驚きの声をあげたりして、わくわくした顔で聞いていた。

 桑原昌也君(12)は「宇宙には以前から興味があったので、はやぶさの話などが聞けてよかったです」と喜んでいた。


写真=分かりやすく宇宙について解説する芦田さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ