WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2011年1月 2日のニュース

国民文化祭がやって来る 府内全市町村で70フェス

0101kokubun.jpg
今年、京都に国文祭がやってくる。国民文化祭京都・2011。「こころを整える〜文化発心」をテーマに、10月29日から11月6日にかけ、府内全市町村で約70のフェスティバルが催される。

 国文祭(国民文化祭)は国体(国民体育大会)の文化版。各都道府県持ち回りで毎年開かれる国内最大の文化祭典だ。1988年(昭和63年)の京都国体の時がそうだったように、京都国文祭でも、前年から各地でプレイベントが行われ、次第に機運が高まってきた。
 
 福知山を会場にしたものは2事業ある。京都国文祭初日に開幕する「日本『鬼文化』交流祭典」と、最終日の「盆踊りフェスティバル」。福知山市実行委員会は両事業の間にも、様々な文化イベントを企画している。
 
■日本「鬼文化」交流祭典〜厚生会館と大江でシンポや金剛流の能も■
 
 日本「鬼文化」交流祭典は、10月29日に福知山市厚生会館で「鬼シンポジウム」、翌30日に大江町総合会館で「全国鬼サミット」がある。シンポジウムは鬼の研究者による講演や金剛流の能「大江山」が上演されるのが話題。30日にはサミット会場周辺で酒呑童子祭りもあって、にぎやかなイベントになりそう。
 
 交流祭典企画委員会の村上政市委員長は「長年の鬼に関する取り組みの、一つの総決算となる。大切な文化を大切に育んできた先人たちの思いと一緒に、福知山の文化力を全国に知らせたい」と意気込む。
 
■三段池体育館で盆踊りフェスティバル〜昨年の開催地では長蛇の列■
 
 盆踊りフェスティバルは11月6日に三段池公園総合体育館で開かれる。全国の踊り団体が本場の踊りを披露するほか、地元の福知山踊りを参加者全員で踊る。
 
 どこの盆踊りが参加するかは、いま最後の調整が行われているところで、近く発表の予定。前回開催地の岡山県笠岡市では19団体が出演して華やいだ。
 
 昨年10月31日に開催された笠岡市でのフェスティバルを視察に訪れた福知山市実行委員会の一行は、その盛況ぶりに目を見張ったという。開会1時間前には入場を待つ長蛇の列。入れない人のために設けられた、会場ホールとは別の部屋でモニター鑑賞した人も多く、来場者は計2000人に及んだ。
 
 事前に入場整理券が配布されたが、笠岡市によると「9月10日に1800枚の配布を開始し、即日終了した」という。
 
 出演したのは白石踊(国指定重要無形民俗文化財)、大島の傘踊り(県指定)など市内8団体のほか、富山・越中おわら▽徳島・阿波踊り▽岐阜・郡上踊り(国指定)といった全国区の有名どころ。福井・なんぼや踊り(県指定)▽山口・源平壇之浦の戦い=下関平家踊保存会▽鳥取・福光みつぼし踊り(市指定)なども参加。それに福知山の正調福知山踊りが加わり、交流の輪を広げた。
 
 ステージを務めた福知山踊振興会の会員や市実行委員会の人たちは、会場の盛り上がりを肌で感じて「この熱気を、そのまま福知山に引き継がねば」と、意欲をかき立てられたという。
 
 福知山盆踊りフェスティバル企画委員会の田村卓巳委員長は「国文祭は、なにせ大きな祭典。ぜひとも成功させて、福知山踊りを全国へ発信したい」と話す。
 
 鬼文化交流祭典、盆踊りフェスともに、市民の盛り上がりが一番のポイント。関係者たちは「みなさんに、一緒に作り上げていただきたい」と、協力を求めている。
  
 
写真=PR隊長「まゆまろ」が福知山踊りの輪に加わり、京都国文祭への機運を盛り上げる(昨年8月24日に広小路通りで)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ