WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年12月31日のニュース

初詣の準備着々、お守り4種を新たに追加 大原神社

1231oobara.jpg 三和町大原の大原神社(林秀俊宮司)は、4種類のお守りを追加するなど、初詣(はつもうで)の参拝客を迎える支度を整えている。新たに加わったお守りは、新年以降、参拝者に授与する。

 新しいお守りは「希(のぞみ)お守り」「つえお守り」「水琴鈴お守り」「厄除け交通安全お守り」。
 
 「希お守り」は、坂本龍馬が「希」の文字が入ったお守りを母からもらったことをヒントにしたもので、常に希望をもって神に誓えば願いがかなうという。携帯電話のストラップになる。「つえお守り」は、お年寄りの安全を願い、つえに付けられるようにした。
 
 「水琴鈴お守り」は、水琴窟(すいきんくつ)の音色を鈴で再現したもので、音色が心の琴線に触れ、心が癒やされる。「厄除け交通安全お守り」は、静電気除去の効果もある。それぞれ1つ500円。
 
 ほかにも、今年の正月から販売している「うまくいくお守り」「安眠お守り」「合格お守り」をはじめ、従来のものも数多く用意している。
 
 31日午後5時から3日まで、本殿と横にある大モミの木をライトアップ。元日正午から世界平和、氏子らの家内安全・無病息災を祈念する「歳旦祭」がある。
 
 
写真=新年から授与する4種類のお守り

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ