WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年12月 3日のニュース

「食の環レシピ」1位に地場野菜だけで作る美味どんぶり 

1203shokunowa.jpg 中丹地域で取れる野菜や米を使って料理を競う「食の環レシピ」コンテストの2次審査が1日、福知山市西小谷ケ丘の成美大学短期大学部の調理室で開かれた。その結果、どんぶりの部門で荒木貴葉さん(前田新町)の「オンリー京野菜丼〜柚子みそ風味」、野菜菓子(野菜スイーツ)の部門では梅原栄子さん(綾部市本町)の「うめ美人」が、それぞれ1位に選ばれた。

 中丹地域の野菜のPRや食育などを目的に、府中丹広域振興局が行っている「中丹“食の環”づくり交流会」の一環として公募した。どんぶりの部門には19点、野菜スイーツの部門には27点の応募があり、1次審査(書類)でそれぞれ5点を選抜し、この日、各部門の2次審査をした。
 
 審査は、応募者が実際に調理し、7人の審査員が試食をした。広く万人受けし、また食べたくなるか▽独自のアイデアで強く印象に残るものか−などの項目でチェックし順位を決めた。
 
 荒木さんのどんぶりは、ミズナ、キクナ、ニンジン、キュウリなどと、焼いた万願寺トウガラシをごはんに載せ、ピリ辛柚子みそをかけたもの。野菜だけを使ったおいしいどんぶりが出来上がった。
 
 どんぶり部門の2位は中越イツ子さん(綾部市岡町)、3位は吉崎篤子さん(同)が選ばれた。

■三和中スイーツが2位■

 野菜スイーツは2位に三和中学校栄養教諭・荒木昌代さんと3年生の「三和中スイーツ『みわレーヌ』」、3位にはどんぶり部門で優勝した荒木さんの妻・里英子さんが入った。
 
 みわレーヌは、荒木教諭が地場産のミズナを使い、3年生の生徒の意見を聞きながら完成させ、ラベルは3年生が1人ずつ作成した。
 
 コンテストでは、どんぶりは米と調味料を除いて中丹産食材を3品以上使うこと、野菜スイーツは野菜(中丹産は加点)を1種類以上使用することという制限を設けた。
 
 表彰式は、1月29日に綾部市中央公民館で開催する「中丹食の環フェア」で行う。今回の2次審査を受けたレシピは、さまざまな形で情報発信して、地産地消の促進などに役立てる。
 
 
写真=2次審査に残った料理。奥がどんぶりで、右が荒木さんの「オンリー京野菜丼〜柚子みそ風味」。手前が野菜スイーツ

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ