WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年11月25日のニュース

来年の干支「ウサギ」の置物作り進む 障害者施設ちくもう

1125etookimono.jpg 福知山市昭和新町、障害福祉サービス事業所ちくもう(芦田ふゆ子施設長)で、来年の干支(えと)・卯(う)にちなみウサギの陶製置物作りが行われている。いま仕上げの段階で、27、28両日、施設で開催のバザーで販売する。

 干支の陶芸品作りは1989年に午(うま)から始まり、2000年で十二支を一巡した。
 
 今年は約700個作る計画で、4月中ごろから作業に入り、陶芸班の5人が粘土を型にはめたり、色付けしたりして分担で進めてきた。
 
 大小合わせて10種類あり、俵に手をついているウサギやフェルトで作ったマフラーを付けているものなど、可愛らしい置物ばかり。
 
 現在は磨き作業や値札付けなどの最終段階。京都市内のホテルからも土産品として注文がきている。バザー後も「ちくもう」で販売する。
 
 このほかバザーでは、フェルトのクリスマスリースや正月用のタペストリー、織り製品、寄せ植え鉢など多数が並ぶ。リサイクル、喫茶コーナーや利用者の書、絵画などの作品展示もある。開催時間は午前10時から午後5時まで。
 
 
写真=丹精込めて作られたウサギの置物

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ