WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年10月30日のニュース

【広域】豊漁に期待 松葉ガニ漁が11月6日に解禁

1030kani.jpg 冬の丹後を代表する味覚のひとつ、松葉ガニ(ズワイガニ)の漁が、例年同様、11月6日午前0時に解禁される。府海洋センターが行った事前の調査によると、オス、メスともに前年を上回り、豊漁が期待される。

 漁期はオスが来年3月20日、メスが1月10日まで。府内では、京都府漁協の舞鶴、丹後、網野の各支所に所属する底びき網漁船合計14隻が、丹後半島沖約20キロ〜55キロの水深約220メートル〜350メートル付近で漁をする。
 
 昨年度の水揚げはオスが53トン(2億4400万円)、メスが44トン(7100万円)の計97トンで、前年度を19トン、1000万円上回った。
 
 府海洋センターの調査では、10かご当たりのオス(甲幅9センチ以上)の漁獲量は20・3匹(昨年17・0匹)で、過去5年間の平均17・6匹も上回った。メス=コッペガニ=は42・4匹(同29・3匹)で、これも平均の20・5匹より多かった。
 
 府内のズワイガニ漁は、環境と資源にやさしい漁業として、08年にアジアで初めて、国際NPO法人「海洋管理協議会」(本部・ロンドン)から「MSC漁業認証」を受けた。
 
 
写真=解禁を前に調査が行われた(府海洋センター提供)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ