WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年10月27日のニュース

【広域】舞鶴で11人が毒キノコ食中毒

1027kinoko.jpg 毒キノコによる食中毒が全国で多発するなか、舞鶴市でも3世帯11人が下痢、嘔吐(おうと)を訴える食中毒が発生した。府中丹東保健所は「キノコの鑑別は難しく、野生のキノコは採取しないで。また安易に他人に譲ったり、もらったりもしないで」と注意を呼びかけている。

 同保健所によると、舞鶴市の70歳代の男性が23日に山でキノコを採取して帰り、近所の家に配った。譲り受けた家が更に近所の人にも分け、夕方にこの3世帯が調理して食べたところ、21歳から88歳までの男女計11人が次々と下痢や嘔吐を訴え、うち9人が医療機関を受診した。
 
 残っていたキノコを鑑別したところ、ヒラタケ、シイタケに似た毒キノコのツキヨタケだった。
 
 夏から秋にかけてブナ、カエデなどに重なり合って生えるキノコで、食後30分から1時間で嘔吐、下痢、腹痛など消化器系の中毒症状が現れる。幻覚、けいれんを伴う場合もあるという。
 
 11人は、ほぼ回復している。


写真=食中毒を起こしたツキヨタケ(残っていたものを中丹東保健所が撮影・提供)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ