WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年10月25日のニュース

メダリストが内また、大外刈り 穴井選手ら迎え福知山で柔道フェスタ

1025jyudoufes.jpg
 世界選手権のメダリストらと交流する柔道フェスタ(財団法人全日本柔道連盟主催)が24日、福知山市武道館で開かれた。世界選手権2010・男子100キロ級で優勝した穴井隆将選手(26)ら日本柔道界のトップレベルの選手が訪れ、一流の技を披露し、柔道の楽しさを教えた。

 競技の普及と発展が目的で、21日から市武道館など市内で行われている全日本ジュニア強化指定選手(東海・近畿)の合宿に合わせて開催された。
 
 訪れたのは穴井選手のほか、同選手権・男子81キロ級3位の高松正裕選手(28)、女子52キロ級優勝の西田優香選手(24)、同78キロ超級3位の塚田真希選手(28)、グランドスラムパリ2010で3位の福岡政章選手(26)。
 
 府内や兵庫、滋賀県などの小中学生と保護者ら約1000人が集まる中で、穴井選手ら5人は得意技を披露し、技を決めるポイントを解説。子どもたちからの質問にも答えた。
 
 塚田選手は大外刈りを見せ、「スー、ドン、ドス」と投げるのがポイントだと伝え、子どもたちを笑わせた。穴井選手は内またを披露。素早く、切れのある技に、児童たちからは「オー、すごい」という声が上がった。
 
 穴井選手は連続して10人の選手と戦う「10人掛け」も見せ、周りで見学する子たちの技のリクエストにも応えて喜ばせた。児童、生徒たちは「いつかはぼくたちもトップに立ちたい」と、あこがれの選手たちの技や動きを真剣に見ていた。
 
 
写真=10人掛けを見せる穴井選手

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ