WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年10月11日のニュース

秋季高校野球:成美、近畿に届かず

1011seibi.jpg  秋季京都府高校野球大会2次戦は京都市・わかさスタジアム京都で10日に準決勝、11日に3位決定戦と決勝戦が行われた。来春のセンバツ甲子園の選考資料となる近畿大会への出場枠は、今年の京都府は3。「勝てば近畿」という準決勝で、福知山成美は塔南と対戦し、決定打を欠いて0−2で敗退。11日の3位決定戦で最後の切符を京都成章と争い、1−2で敗れ4位に終わった。

 決勝戦は塔南が京都外大西を5−3で下し、初優勝を飾った。
 
【3位決定戦】
京都成章
000001001=2
100000000=1
福知山成美

 ○…成美は初回、2死から桑原がセンター前に安打を放って出塁し、四死球で満塁に。ここで成章はエース西野に代わったが、制球が定まらず、押し出しで先制点を得た。

 しかし西野の投球が2回から安定し、成美打線は沈黙。9回2死からようやく安打を2本つないだが、攻めきれずに苦杯をなめた。

 成美先発は右腕の北尾。5回からは連投のエース左腕・津田を登板させた。2回以降は毎回走者を許す苦しい展開。再三のピンチを、辛抱強くしのいできたが、6回の満塁機に犠飛で追いつかれ、9回に長打攻勢で勝ち越し点を与えてしまった。

【準決勝】
福知山成美
000000000=0
00000002x=2
塔南

 ○…成美の津田は7回まで塔南打線を抑えていたが、8回に守りのミスもあって2点を奪われた。打線は再三好機を作ったが、あと一本が出なかった。


写真=成美・桑原が初回に両チーム初安打を放つ(3位決定戦)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ