WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月24日のニュース

御霊大祭 盛り上げよう 和太鼓フェスに向け小学生らが毎夜練習

0924taikofes.jpg
 福知山市内外の太鼓グループが集う「和太鼓フェスティバル」が10月2日午後5時30分から、中ノの御霊神社舞殿で開かれる。御霊大祭の一行事。同時開催されていた丹波光秀ききょう祭が今年は無いが、出演する小学生たちは大祭を盛り上げようと、毎夜練習を続けている。

 ききょう祭の中止の影響で、和太鼓フェスの会場となる舞殿特設ステージの使用が危ぶまれていたが、御霊神社と福知山商工会議所の協力で設置されることとなり、例年通りの開催となった。
 
 和太鼓フェスティバルは、各地域の太鼓団体と地元の子どもたちによる演奏で、毎回大祭を活気づけている。今年は9団体が出演する。
 
 子どもチームは4団体で、21日から約80人が舞殿で練習を続けている。披露するのは御霊太鼓で、福知山御霊太鼓保存会の会員たちが指導。練習では順番に打ち、手の上げ方やたたくタイミングなどを教わっている。
 
 約1時間集中して練習。フェス前日まで続ける。毎年出演している児童もいる。惇明小6年生の崎山勇太君(12)は1年生の時から参加。「太鼓をたたくとスカッとして楽しい。今年で卒業となるので、力強い太鼓をたたきたい」と話している。
 
 御霊大祭は2、3両日開かれ、宵宮・本宮祭や神輿巡行、骨とう市などがある。俳句行灯も置かれる。
 
 
写真=本番に向け練習に力が入る子どもたち(23日夜)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ