WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月21日のニュース

自転車で465kmノンストップで走り、還暦同窓会の会場にゴール

0921jitensyadosokai.jpg
 福知山市のサンプラザ万助で19日に開かれた大正小学校昭和37年度(1962)卒業生たちの還暦同窓会が、かつてないほど盛り上がった。参加者の一人がサプライズ企画を実行したからだ。静岡県伊東市在住の会社員、森方久雄さん(59)が、自宅から約465キロを自転車ノンストップ31時間で駆け付け、仲間たちに忘れられない思い出をプレゼントした。

 同窓会は40歳、50歳、55歳の時に開かれ、今回は還暦記念。「心に残る同窓会にしたい」とサプライズ企画を考え付いたという。前田竹司さんら幹事には事前に伝えてあったが、ほとんどの参加者たちは何も知らされていなかった。
 
 自転車歴は16歳のころからと長い。福知山商業高校1年生のときの丹後半島2泊3日のツーリングを皮切りに、在学中に西日本一周、東日本一周。28歳のときには日本縦断3200キロを9日と17時間53分で達成するなど、自転車にどんどんのめり込んだ。今も走り続けている。
 
 18日午前4時に出発した。体力的な衰えがあるとは思ったが、みんなの驚く顔が見たいとペダルをこいだ。
 
 同窓会にはサイクリングスーツのまま登場し、同窓生たちから「おまえは若いなあ」と肩をたたかれた。
 
 森方さんは「邁進できるものを見つけて頑張ることが楽しい人生かな。僕の場合は自転車でした。みんなを驚かせようと走りました」とにっこり。同窓生たちにも笑顔の輪が広がっていた。
 
 
写真=自転車で465キロを走りぬいて同窓会会場に駆け付けた森方さんと同窓生たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ