WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月17日のニュース

駅北公園の花時計にナデシコ植え替え 昭和小児童がお手伝い

0917hanadokeiuekae.jpg
 福知山市市民憲章推進協議会(田村卓巳会長、76団体・個人)は16日、福知山駅北口公園に設置した花時計を飾る花を、昭和小学校の児童たちと一緒に植え替えた。

 同協議会は市民憲章に基づき、魅力あるまちづくりを推進しており、今年3月末に緑化運動と花いっぱい運動の一環として公園の一角に花時計を設けた。
 
 設置当初はパンジーとビオラを植え、6月にはマリーゴールドとニチニチソウ、7月にはセンニチコウとベゴニアにそれぞれ植え替えた。今回はセンニチコウが伸び、時計の針の高さを超えた花もあるため、それらを抜き、ナデシコにした。
 
 協議会地域ネットワーク部員11人と学校内の花の水やりなどをする昭和小フラワー委員会の5、6年生17人が作業。2班に分かれて、ナデシコの花苗が入ったポット約100個を配置よく植えていった。
 
 児童たちは「色を考えて植えて」とアドバイスされ、優しく土をかけた。今回の植え替えで花時計の花は全部で約300株になった。昭和小5年生の井隼龍一君(10)は「花は大きくきれいに育ってほしい。3カ月後にまた見に来たい」と話していた。
 
 
写真=配置を考えながらナデシコの花苗を植える児童たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ