WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月12日のニュース

ゲゲゲの案山子も登場 夜久野町才谷が地域に活気をと取り組む

0908saitani.jpg
 福知山市夜久野町才谷の府道沿いに、住民が手作りしたユニークな案山子15体が並んでいる。NHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」にちなみ、妖怪シリーズとしてゲゲゲの鬼太郎、ねずみ男、目玉おやじもあり、通行するドライバーらの目を引いている。

 才谷自治会は兵庫県と接する谷間の集落で現在17世帯、34人が暮らす。一番若い人が30歳代で、高齢者比率が70%を超える。そこで、限界集落を活気づけようと、地元の有志でつくる「才谷元気の出る会」(田村幹男代表、20人)が、市の「ふくちの農山村応援プロジェクト」の助成を受けて取り組んでいる。
 
 案山子の里づくりは今年で2年目。8月下旬に都会から里帰りした若者も加わり、持ち寄った材料を使って25人ほどが協力して仕上げた。
 
 軸となる木の棒にスポンジやわらで肉付けし、古着や浴衣などを着せている。頭の部分は発泡スチロールを使い、きれいに着色しているものが多い。
 
 色づいた田園や緑の山並みを背景に、妖怪シリーズのほか、坂本龍馬、福知山踊りの踊り子など多彩な案山子がそろい、「案山子の里 才谷」と記したのぼりも立てている。今月いっぱい展示する。
 
 地元では「先人は、案山子を田の番人としてだけでなく、守護神として崇めたと聞きます。地域の活性化策として、また豊作を祈願する取り組みとして案山子づくりを続けていきたい」と話している。
 
 
写真=谷間を通る府道沿いに並ぶゲゲゲの鬼太郎などの案山子

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ