WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月 9日のニュース

防火水槽にクラゲ 企業交流プラザで珍しい淡水性3匹見つかり採取

0909kurage.jpg
 福知山市長田野工業団地内の市企業交流プラザにある防火水槽で、淡水にすむクラゲ「マミズクラゲ」が8日、見つかった。小さいこともあって、なかなか見かける機会が無く、他県では「県内初の確認」として水槽で展示する水族館もあるほど。福知山市内では2003年以来のこと。

 中国原産で、戦後に国内で見られるようになったといわれ、詳しい生態はよくわかっていない。
 
 交流プラザの防火水槽は、長田野工業センターや京都銀行出張所が入る建物と一体となった造りで、コンクリートに囲まれていて、コイなど魚が多く泳いでいる。
 
 緑の藻が増えてきたこともあって、水の入れ替えをと放水をして水位が下がったところで、工業センター職員の井口和馬さん(40)が見つけた。
 
 直径1センチ余りと大人の指先ほどの大きさで、透明。藻の中に潜ってしまうと見えなくなってしまうが、3匹を確認してすくい上げた。
 
 福知山近辺でマミズクラゲの観察を続けている京都共栄学園高校の荒井辰也教諭(46)は、03年に大江の池で採取した4匹を保育園に贈り、子どもたちの生き物への関心を呼び起こして話題になったが、その後は水害もあって市内では確認できなくなっていたと話す。
 
 地元での久々の確認に「この暑さで、ひょっとしたらと思っていましたが」と興奮気味に語り、自然の池でなく、澄んだ水でもなく、魚のいる場所で見つかったことを驚いている。
 
 
写真=企業交流プラザで見つかったマミズクラゲ。指の先に2匹見える

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ