WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月 5日のニュース

次は生徒の頑張りに期待 成美高卓球部芦田監督が全国教職員大会で優勝

0903asidasan.jpg
 福知山成美高校女子卓球部の芦田麻由理監督(23)がこのほど、第55回全国教職員卓球選手権大会の女子シングルスで優勝した。団体では京都選抜チームで準優勝。「全国で優勝したことは初めて。指導者としてプラスになると思う」と話し、次は女子卓球部の京都優勝をめざす。

 芦田さんは、卓球をしている父親の影響を受けて、地元・福知山市の福卓クラブに小学1年から所属。日新中、熊本・慶誠高、中央大に進み、いずれも全国大会に出場した経験を持つ。
 
 教職員大会のシングルス決勝は、同じ慶誠高出身の大先輩との対戦。5ゲームまでもつれ込む接戦で、「負けるかもしれない」と感じたが、「これまでいろんな人に支えられた。2位では帰ることができない」と、持ち前の粘り強さを発揮し、見事優勝した。
 
 芦田さんは「選手から指導者になって練習量はぐっと減りましたが、現役時代とは違った視点で卓球に取り組めたのが良かった」と話している。
 
 成美高女子卓球部は今年4月に創部し、1年生4人。すでに近畿大会でベスト16入りしている。「3年生になったときにはインターハイに出場させてやりたい」との目標を持ち、キャプテンの八木遥さんら部員も共通の思いでいる。
 
 
写真=1年生部員に指導する芦田さん(右)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ