WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年9月 1日のニュース

田んぼに「まゆまろ」 5種の稲でアート/夜久野

0901tanboart.jpg
 福知山市夜久野町大岶で、古代米など5色の稲を植えて巨大な絵を描く「田んぼアート」が見ごろを迎えている。地元の地域おこしグループによる恒例の取り組みで、今年は来年秋に府内で開催の京都国文祭のPR隊長「まゆまろ」の絵柄に挑戦。稲が色付き始め、まゆまろが田んぼに浮かび上がってきた。

 地元の山登り愛好者でつくる居母山クラブ(飯尾恒洋会長)が、遊び心で06年から始めた。これまでクマやUFO、地元の居母山などを描いている。
 
 今年は京都国文祭をPRしようと、まゆまろをデザイン。5月30日に会員や飯尾会長の知人の大阪の人たちも加わり、総勢100人が飯尾会長所有の田んぼ10アールで、まゆまろの輪郭などに沿って設けたくいとロープを目印に5種類の苗を植えていった。
 
 まゆまろの着物を赤米と白米、帯とぞうりの鼻緒を黒米、足袋を白米などで色分けした。今年は盆過ぎから色付き始め、同クラブが高台の地元公民館に据え付けた貨車(展望台)からよく見える。
 
 飯尾会長(66)は「鼻緒など、細かい部分を植えるのに苦労しました。今年は穂が出始めるのが遅くて、9月初めごろから中ごろにかけてが、一番の見ごろとなるでしょう。多くの人たちに見に来てほしい」と話す。
 
 
写真=古代米が色付き、田んぼのキャンバスに、まゆまろが浮かび上がってきた(31日撮影)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ