WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月26日のニュース

暑い日続いて食中毒注意報 今季10回目

 京都府は26日午前10時、府北部に食中毒注意報を発令した。食中毒が発生しやすい気象条件となったためで、週明け30日午前10時までの96時間(4日間)継続する。

 府北部への発令は7月20日を第1号に、これで今季10回目となった。
 
 発令条件は南部と北部で異なり、北部では前日の最小湿度と当日の予想最高気温に係数をかけ、一定の数値になった場合に発令している。このため、当日の予想最高気温が高い日が多いと、発令も多くなりやすい。
 
 それでも10回という回数は突出して多く、記録に残っている1985年以降では、同年の11回に次ぐ回数。ゼロの年もあり、昨年は1回だけだった。
 
 食中毒は体力の落ちている時に特に発生しやすく、暑い日が続いてバテ気味になっている人が多いことから、まだ当分注意がいりそう。福知山市を管轄する府中丹西保健所は「中でも高齢者や小さな子は気をつけて」と呼びかける。
 
■肉などは十分火を通して■
 
 また近年のグルメブームを反映して、半生がもてはやされる傾向にあることをとらえ、「肉など、加熱して調理する食品は、この時期は中まで十分に火を通して下さい」とも訴える。
 
 このほか家庭で注意する点としては、調理した食品はできるだけ早く食べ、室温で放置しない▽冷蔵庫を過信せず、庫内温度に注意して早めに食べる▽まな板、ふきん、包丁を消毒する▽ネズミ、ハエ、ゴキブリを駆除し、用便後はよく手を洗うことなどを挙げている。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ