WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月25日のニュース

行く夏惜しんで ドッコイセ 笑顔はじけた学生大会

0825dokkoise.jpg
 「いつまでも暑いですね」があいさつの福知山。連日猛暑が続くものの、秋の気配も、そこここに。行く夏を惜しんでドッコイセの後半が24日、開かれた。福知山市広小路通りで行われている「福知山ドッコイセまつり」は第4日を迎え、学生大会とプラカードコンテストが行われ、通りに元気な「ドッコイセ」のかけ声が響いた。25日は午後8時から市民総踊りがあり、フィナーレとなる。

 それはまるでスポーツの競技大会だった。高校生たちが連を組んで踊りを競う学生大会。コンテストの成績発表を待つ高校生たちは、順位のアナウンスがあるたび「よし、おれたちだ!」と期待の気勢を上げたり、目を閉じ両手を合わせて祈ったり。最後に優勝チームが告げられると、勝者はハイタッチや抱き合って喜びを爆発させ、ライバル校たちも「おめでとう!」と惜しみない賛辞と拍手を送った。
0825syukutoku.jpg 出場したのは福知山、府立工業、京都共栄学園、福知山女子、福知山淑徳の市内5校から計7連。校名やチーム名を書いたプラカードを先頭に、やぐらを囲んで踊り歩いた。大きな声で「ドッコイセ!」とかけ声を張り上げ、弾けながら踊る組や、しなやかに手指の先まで動きをそろえて踊る組。みんなハツラツとした笑顔を見せていた。
 
 優勝したのは福知山女子高。運動クラブの部員たちを中心に17人で猛練習を積んできた。来春、系列校へ統合となり、これが最後の出場とあって、指導する先生たち、生徒たちも気合の入り方が違ったという。
 
 裾よけを自分たちで縫い、クラブのユニホーム同様、浴衣に丁寧にアイロンをかけて臨んだコンテスト。代表の3年生、谷朋美さんは「明るさだけは負けんとこと声をかけあい、優勝を目標にやってきました。頑張って練習して良かったです」と目を真っ赤にして喜んだ。
0825kyouei.jpg
 準優勝は福知山淑徳、3位は京都共栄学園だった。 
 
写真上=最後を飾って優勝した福知山女子高
写真中=準優勝の福知山淑徳高
写真下=3位の京都共栄高
 
【関連ニュース】プラカードコンテストは ひまわり保育園

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ