WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月16日のニュース

大輪が彩った福知山の夏 高速無料化で花火大会に観客12万5千人

0816hanabitaikai.jpg
 福知山の夏の一大イベント、第69回ドッコイセ福知山花火大会が15日夜、音無瀬橋一帯で開かれた。天候に恵まれ絶好のコンディション。過去最多の12万5000人(主催者発表)が詰め掛け、夜空に弾ける6000発の光のショーに見入った。

 福知山商工会議所などで組織する実行委員会によると、観客数は過去最多を記録した前回大会から更に5000人増えた。天候に恵まれたことに加えて、高速道路無料化の影響もあってか、例年より他府県ナンバーの車が多く見られたという。
 
 早くから多くの人が会場周辺に詰めかけ、打ち上げ開始1時間前には、音無瀬橋あたりは家族連れやカップル、友人、浴衣姿の観客たちであふれた。
 
 午後7時30分、カウントダウンで地元企業や団体がスポンサーになった16シリーズが始まった。早打ち、大玉、尺玉、たくさんの筒からの速射で打ち上げるスターマイン、北近畿随一の二尺玉が次々に夜空で弾けた。暗闇をバックに描かれる赤、青、緑。花開く大輪。色鮮やかに華やかに、時に豪快にと様々な表情を見せる花火に、観衆はしばし酔いしれた。
 
 フィナーレは、市民たちが寄せた募金(概算で計4300口)で打ち上げる特大スターマイン「みんなの花火」。無数の光が夜空いっぱいに広がった。
 
 観客たちは1シリーズが終わるごとに大きな拍手と歓声を送り、夏の夜を満喫していた。
 
 
写真=夜空を焦がす色鮮やかな花火に多くの人が酔いしれた

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ