WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月14日のニュース

夏季講習に先輩たちが助っ人 福高、ボランティアで迎える

0814fukkou.jpg
 大学進学をめざす生徒たちの夏季進学講習で、福知山市土師の福知山高校が新たな取り組みを始めた。今春あるいは昨春に同校を巣立ち、難関大学に進学している卒業生を教育ボランティアに迎え、現役生たちが指導を受ける。坂根文伸校長は「教員だけでなく、身近な先輩から教わることで、教育効果が高まる。伝統的な活動にしたい」と期待している。

 教職員をめざす大学生らを対象に京都府教委が3年前から始めた事業を活用。大学に進んだ卒業生がほとんど地元に残らない府北部は、この事業で成果をあげている南部より不利な面があり、導入した。「後輩たちのために一肌脱ぎたい」という東大、京大、神戸大など各地の国公立、私立大から計12人が訪れている。
 
 夏季進学講習は全校生の95%近くが受講している。学年やクラスによって受講日数が違い、9日間から18日間ほど。1日当たり1、2年生は3時間、3年生は最長6時間受講している。
 
 先日行われた3年生の講座「センター数学」では、数学科の井蓋美緒教諭が中心になって指導し、今春に卒業した神戸大理学部1回生の中井巧也さん(18)がサポートした。数IIBの「ベクトルと平面図形」の問題が出題され、中井さんが生徒たちに熱心にアドバイスをしていた。
 
 中井さんは「高校教諭をめざしています。自分で理解できても、相手に納得してもらえるまで教えるのは難しい。自分自身にとっても収穫があり、できれば来年も教育ボランティアをしたい」と話していた。
 
 
写真=後輩に数学の問題の解き方を熱心にアドバイスする中井さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ