WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月 7日のニュース

踊りの歴史など50問 きょうドッコイセ検定に56人

0807dokkoisekentei.jpg
 400年以上の歴史がある福知山市の市指定無形民俗文化財、福知山踊りについて出題する「ドッコイセ検定」が7日、市厚生会館で開かれ、市民ら56人が「難問」に挑んだ。

 来年秋に府内で第26回国民文化祭が開かれ、福知山市内では盆踊りフェスティバルと日本「鬼文化」交流祭典が行われる。ドッコイセ検定はプレイベントとして、国文祭市実行委員会が、広く福知山踊りについて知ってもらうきっかけになればと企画した。

 問題は50問で、1問2点の100点満点。三択制で、市実行委員会の盆踊りフェスティバル企画委員会が作った。

 福知山踊りの歴史やドッコイセまつり、まちづくりとのかかわり、福知山音頭などについての問題が出され、受検者たちは頭をひねりながら解答していた。

 受検者の中で最年少の惇明小学校5年生、大西春賀さん(11)は母親と一緒に挑戦。「歴史についてはわかる問題があったけど、現代のドッコイセについての問題が難しかった。夏休みのいい思い出になりました」と話していた。
 
 80点以上とった人には合格証を後日発送し、上位3人を14日のドッコイセまつりオープニングで表彰する。今回は初級で、来年度は上級の検定を実施する。
 
 
写真=問題を解いていく受検者たち(7日午前10時10分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ