WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月 3日のニュース

お盆に最大30キロ渋滞 舞鶴若狭自動車道

0803mutobe.jpg
 通行料金無料化の社会実験が始まってから通行量が大幅に増えている舞鶴若狭自動車道。お盆に向けて渋滞が心配になるところだが、管理をしているネクスコ西日本では、最長30キロ、福知山インター付近でも25キロという、舞若道では未体験の大渋滞を予想している。

 6月28日から無料化されてから、所どころで渋滞が起きるようになったが、夏休みに入って交通量は更に増えた様子。今度の土曜日の7日には、夕方に上り線(中国道向け)で京都縦貫道綾部ジャンクションを先頭に、最大で20キロ(大飯高浜インター付近まで)の渋滞を予想する。下り線(小浜向き)でも午前中に福知山インターから最大で10キロの渋滞を見込む。

 翌8日には上り線の綾部ジャンクションを先頭に、開通区間の端・小浜西インターまでつながる30キロの渋滞を予想。お盆の14、15日にも、綾部ジャンクションから30キロの渋滞を予想している。通常なら26分の距離だが、渋滞により、通過に2時間かかりそうという。

 お盆の下り線福知山インター付近は、14日朝から渋滞が始まり、午前10時には20キロとなり、11時ごろにはピークの25キロ、丹南篠山口インター付近までつながりそう。通常19分のところ1時間40分かかると見込まれる。午後になっても20キロを超える渋滞となり、夜になっても続きそうという。

 花火大会がある15日も朝早くから混み出し、午前9時ごろには10キロを超え、11時ごろには21キロに。ピークは夕方で25キロの状態が続き、深夜まで混雑しそう。

 福知山高速道路事務所は、事故防止のため、最後尾車両はハザードランプを点滅させて後続車に知らせるよう呼びかける看板を立てて回っているほか、下り線の六人部パーキングエリアには、混雑を見越して仮設トイレを設置するなど、備えを進めている。
 
 
写真=多くの車が出入りする六人部パーキングエリア。奥には仮設トイレを置いた(きょう午前10時30分ごろ)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ