WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年8月 2日のニュース

1億円に緊張、100万円は「重い!」 信金で子どもたち金融教室

0802sinkin.jpg
 学校ではなかなか学べない金融の仕組みや、お金の大切さなどを学習する「夏休み子ども金融教室」が7月31日、福知山市南栄町の京都北都信用金庫福知山中央支店で開かれた。市内の小学生27人が参加。貨幣を計数する機械を見たり、1億円分の1万円札を持ち上げてみたりした。

 市内での公募開催は初めて。子どもたちは「お金」の役割、機能を分かりやすい言葉に置き換えて教えてもらい、便利で大切なものだと改めて実感。「預ける」「借りる」「送る」という金融機関業務三本柱の預金、貸付、為替についても説明を受けた。
 
 この後、硬貨を数えて包装フィルムでロールにしていく硬貨巻き機、100万円の札束にまとめていく紙幣整理機を見学。500円玉が100万円分入った袋などを持ち上げ、金谷小学校4年の藤田悠花さんは「重いだろうなと思っていたけど、それ以上に重たかった」と感想を伝えていた。
 
 1億円分のお札を持ち上げ、金庫の前で順に記念写真も撮った。元気いっぱいだった子どもたちも、本物の札束1億円を前にすると、さすがに緊張。撮影が終わると、とびっきりの笑顔になり、庵我小学校5年の塩見将真君、土田裕愛君は、「1億円あったら旅行に行くかな。やっぱり貯金します」などと話していた。
 
 
写真=1億円を持ち上げ、ポーズを決める子どもたち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ