WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年7月30日のニュース

「丹波」のゆるキャラ 福知山駅に集合し大人気

かわいいゆるキャラ 京都、兵庫両府県にまたがる「丹波」の、ゆるキャラたちが29日、福知山駅に集合した。かわいい姿で手を振り、夏休み中の子どもたちから握手攻めにあう人気ぶり。記念写真に収まったりして、丹波の魅力をアピールした。

■連携推進協議会が発足 物産展、広域観光マップも■

 行政の枠を超えて協力し合う「大丹波連携推進協議会」が同日、福知山市のサンプラザ万助で発足式を迎え、式を盛り上げるため、キャラクターの着ぐるみに集合がかかった。
 
 大丹波連協は京都、兵庫両府県と福知山市、篠山市、京丹波町など7市町で構成する組織。全国的にブランド力のある「丹波」の味覚、文化、観光などを共同PRしていくほか、有害鳥獣対策にも連携してあたっていく。
 
 今年度は、大阪市内の百貨店での物産展「大丹波展」、神戸市内での丹波バザール開催や、丹波広域観光マップ、観光PRポスターを作ったりする。
 
 発足式では、こうした取り組みの確認を行い、各市町がゆるキャラと我が町を紹介した。
 
 式に続いては、参加者たちが福知山駅へ移動して、さっそく共同PRをした。駅には大勢の子どもたちが待ちかまえ、ゆるキャラが登場すると大喜び。兵庫県の「はばタン」、京都国文祭の「まゆまろ」に抱きついたり、並んで写真を撮ったりして笑顔を広げていた。
 
 ほかに参加したキャラクターは、亀岡市「明智かめまる」、南丹市「さくらちゃん」、篠山市「まるいの」、丹波市「ちーたん」。地元福知山市からは「ドッコちゃん」と「酒呑童子」の赤鬼、青鬼の計9体。駅では福知山市のみどりの親善大使「ゴーヤ先生」も合流し、周りで各市町の職員がチラシ、うちわなどを配ったりして、にぎやかなプロモーションになった。

 
 
写真=かわいいゆるキャラに、子どもたちは大喜び
 
 

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ