WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年7月12日のニュース

高校野球:共栄が堅守で初戦突破 石倉が園部を完封

0712kyei.jpg
 第92回全国高校野球選手権京都大会の2日目の11日、舞鶴球場で福知山勢のトップを切って京都共栄が登場し園部と対戦。3−0で初戦突破した。持ち味の「守りから攻め」の試合運びで好発進した。

 春ごろから力をつけ、今大会でエースナンバーを背負う左腕石倉が、伸びのある直球を生かして園部打線を封じた。石倉は随所で三振を奪う力投で、内野への当たりを守備陣がしっかりとさばく持ち味を発揮した。
 
共栄
100000110=3
000000000=0
園部
 
 ○…3点リードで迎えた9回裏、3連打で1死満塁のピンチを招いたが、マウンドに選手たちが集まって気持ちを引き締め直し、後続を三振と一ゴロに打ち取って4安打完封で試合を決めた。
 
 1回表に出塁した2番岩田が敵失の間に三塁へ進み、4番伊東の右前適時打で先制。守りを固めながら好機をうかがう共栄は、7回に8番垣尾の中前適時打で1点を加え、8回にも敵失から盗塁、バントを絡めて3点目を挙げた。
 
 植村則昭監督は「石倉の出来がよく、守備陣もよく守ってくれた。守りから攻めて一つ一つという、うちの野球が出来た」と手ごたえを感じていた。
 
 
写真=3点リードで迎えた9回裏に1死満塁のピンチ。マウンドに選手たちが集まって石倉を励ました

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ