WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年7月10日のニュース

私学の魅力、生徒が伝える 北部9校で10月にフェスタ

0710sigaku.jpg
 京都府北部の私立中学、高校9校の生徒たちが実行委員会を組織し、10月11日に福知山市厚生会館で開く「第1回北部私学フェスタ」に向けて準備を進めている。昨年まで3回開いてきた合同入試相談会の京都北部私学フェアを見直し、生徒によるステージ発表などを通じて来場者に私学の魅力を伝える。

 私学フェアは、府私立中学高校連合会北部支部が、北部の私立教育の魅力が一度に分かる機会を−と、07年から3年間続けた。今回は、進路担当教諭らによる入試相談ではなく、生徒が主役になって私学の魅力をアピールする方法を模索し、各校生徒が力を合わせてステージ発表し、「元気な私立学校生」をみせることにした。
 
 参加するのは福知山市内の京都共栄学園中学校、同高校、福知山淑徳高校、福知山成美高校、福知山女子高校のほか、宮津、舞鶴、南丹市の4高校。
 
 実行委員会は各校の生徒会役員を中心に約20人で組織する。9日に福知山市東羽合の京都共栄学園高校で開いた第2回委員会では、ステージで各校吹奏楽部の合同演奏や淑徳和太鼓などを披露するほか、DVD映像で各校の特長を紹介し、ロビーで各校の作品展示や担当教諭による入試相談ブースを設置する方向で話を進めた。
 
 今後、さらに充実した内容にするため細部を詰め、9月の第3回委員会で、開催内容を決める。
 
 委員長を務める福知山淑徳高校2年生の林飛翔君(16)は「ステージで生徒がパワーのある出し物をみせ、特色ある教育を進める各校の良さをアピールしたい。先生にもアドバイスを受けながら、初のイベントを成功させたい」と意欲をみせている。
 
■国の私学助成も説明■
 
 今年度から公立高校の授業料が無償化されたが、私立高校に通う生徒にも、世帯年収に応じて年約12万円から24万円が支給されること、さらに、府独自の支援制度についての認知度も高めたいという。
 
 
写真=私学の魅力を伝える充実した催しにしようと頑張る実行委メンバー

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ