WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年6月18日のニュース

橋の上に描く将来の夢 精華小児童が近くの工事現場を見学

0618seika.jpg
 福知山市夜久野町板生上町、精華小学校(大槻多紀子校長)の全校児童67人が17日、近くで建設が進められている府道バイパスを見学し、8月末に完成予定の精華橋の上に、自分たちの将来の夢を文字や絵でカラフルに描いた。

 府道バイパスは、家屋が密集する同校前の山東大江線の幅が約4メートルと狭く、車の離合が難しく通学上も危険なため、府中丹西土木事務所が97年度から建設を進めている。延長1・2キロ余り、幅10メートル(両側の歩道など含む)で、11年度内の完成をめざしている。
 
 このうち、牧川をまたぐ精華橋は長さ20メートル、幅員約12メートル。まだ舗装がされず、コンクリートがむき出しの状態。見学に訪れた児童たちが6班に分かれ、それぞれ縦3・9メートル、幅4・5メートルのスペースをキャンバスに見立て、赤、青、緑など7色の塗料を使って、「夢はピアニスト」「プロ野球選手になりたい」などと大きな文字、動物や魚の絵を描いた。
 
 絵の上は間もなくアスファルトで舗装されてしまうため、高所作業車から撮影した写真が後日、同校にプレゼントされる予定。
 
 3年生の小田垣芽依さん(9)は「保育士になりたいと書き、手形も押しました。いい思い出になり、橋が完成する日が楽しみです」と話していた。
 
 
写真=舗装前の橋上に将来の夢を描く児童たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ