WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年6月15日のニュース

北部産品のブランド化をとNPO京都丹波・丹後ネットワークが発足

0615npo.jpg■団体の交流、支援にも取り組む■

 丹波、丹後の素材を使ったブランドの確立や、団体の連携などをめざすNPO法人「京都丹波・丹後ネットワーク」が発足し、福知山市昭和町で14日夜に事務所開きが行われた。事業所交流や地域振興に取り組んできた人たちが母体となっており、行政とも協力して活動していく。

 理事長には、元京都創成大学キャリアサポート室長の真下賢一さんが就いた。地元企業150社が加わり、異業種交流の場にもなっていた創成大炉端懇談会の事務局長として、事業所の橋渡しをしてきた。
 
 これが縁となり、新たに立ち上げたNPOは企業、農事組合法人や農家、市内で活発な活動をしてきたNPO法人のスタッフらが集まった。「明日のまちづくりに貢献」することを目的に、府北部の団体交流とブランド産品育成に力を入れていくことにしている。
 
 団体交流では、中丹地域のNPOや任意団体の交流会、異業種交流の促進、助成金申請相談などを計画。ブランド産品育成では、すでに丹波ブランドが確立している黒豆、栗、大納言小豆に加え、新たな産品を育てていくことにしており、米粉で焼くケーキなどの開発、仲介に取り組んでいる。事務所開きでは塩ケーキを試食し、盛りあがった。
 
 
写真=開所式に集まったメンバー、支援者らを前に真下理事長(左から4人目)が「地域の事業者、団体を結びつけていきたい」とあいさつした

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ