WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年6月12日のニュース

「堤防切れたらここまで水が来ます」 電柱に想定浸水深

0606watching.jpg
 電柱に付けられた青いテープ。見上げるほどの高さにあるが、このテープは、昭和28年(1953)秋に福知山市などで発生した未曾有の大水害「28水」時と同じだけの雨が降り、堤防が決壊したときに想定される浸水の深さを示している。

 福知山市はこれまで、市内の浸水想定区域を示した「防災ハザードマップ」を作り、全戸配布したが、更に危機意識を高めてもらおうと、昨年度から電柱に「想定浸水深」を表示する取り組みを始めた。
 
 想定浸水深を「50センチ−1メートル」「1メートル−2メートル」「2メートル−3メートル」「3メートル−5メートル」に分けて表示。それぞれの最高深の所に目安として青いテープを巻いている。「3メートル−5メートル」表示は5メートル部分が高くて見えにくいため、3メートル部分に付けている。
 
 青いテープだけでは見落とすこともあるため、テープを付けた下部に想定浸水深の表示板を取り付けた。旧市街地の木造家屋だと、2階中ほどの高さまでとなり、28水時の豪雨のすごさがよく分かる。昨年度は70カ所に取り付け、今年度も40−50カ所に付ける計画。旧市街地などでは市外から引っ越してきた人たちもいて、そうした人たちにも注意を呼びかける。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ