WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年6月10日のニュース

20年目の花苗プレゼント 中夜久野郵便局の的場局長

0610nakayakuno.jpg 福知山市夜久野町高内、中夜久野郵便局の的場渡局長(57)が、今年も来店客に花などの苗プレゼントを始めた。地域との交流を深めるために続けており、20年を迎える。環境への意識を高めてもらおうと、成長すれば緑のカーテンとなるゴーヤも多数用意している。

■30品種、1600株を準備■
 
 的場局長は花が好きで、四季を通じて局舎周りで栽培し、来店客の心を和ませてきた。近年は、緑のカーテンの普及を進める福知山環境会議の呼びかけを受け、夏場の強い日光をさえぎるゴーヤ栽培にも力を入れる。今年は局舎前に緑のアーチやすだれができる予定だ。
 
 プレゼントしているのは、種をまいて育てたポット苗。ゴーヤやアサガオなどのつる性植物のほか、マイナスイオンを発生させるという観葉植物のポトス、ハーブの仲間のメキシカンセージやローズマリー、福知山市の花のキキョウ、なじみ深いキンセンカ、マリーゴールドなど約30品種、1600株ほどを用意している。
 
 好みのものを選んでもらい、1人5ポットまで渡し、緑のカーテンづくりの資料も配る。
 
 的場局長は「花の苗の世話をするのは休日が主になりますが、好きでやっていることなので苦にはなりません。花の愛好者や地球温暖化防止への意識を持つ方が一人でも増えればうれしい。できるだけ続けます」と話す。
 
 場所は、市街地から国道9号を兵庫県方面に走り、夜久野峠に差しかかる手前の右側にある。
 
 
写真=訪れた主婦にゴーヤの苗を渡す的場局長(右)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ