WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年5月28日のニュース

絵画・工芸と山野草で心落ち着く空間 やくの木と漆の館で「癒やしのコラボ展」

0528iyasi.jpg
 山野草と絵画、工芸作品で心落ち着く空間を作り出す第3回「癒やしのコラボ展」が、28日から福知山市夜久野高原・農匠の郷内、市やくの木と漆の館で始まった。昨年、一昨年とも好評だった企画で、今年も見る人をゆったりとした気持ちにさせる展示になった。

 出品しているのは地元夜久野町平野の元中学校教員、杉森常和さん、小倉の会社員、土井秀昭さんと眞由美さん夫妻、門垣の会社員、大畑晃二さんと由美子さん夫妻。杉森さんがアンモナイトを描いた100号の油絵「石の記憶」や大畑さんの50号の「玄武岩」をはじめ、土井さんの漆塗りスピーカーや飾り棚、眞由美さんの布花、大畑由美子さんら3人が育てた山野草計100点が並ぶ。
 
 山野草は香りの良いセッコク、黄色い花のヒメカンゾウ、白い花のコバノズイナ、紫の花がかわいい岩チドリなど、鉢や飾り台にも気を配りながら展示。自身も多くの山野草を持参した杉森さんは「山野草には、春に芽を出す喜びや生命の美しさがあります。各自の作品と一緒に並ぶことで互いに魅力を増し合い、見る人を癒やしてくれることでしょう」と話している。
 
 コラボ展は30日まで。時間は午前10時から午後5時までで、最終日は午後4時まで。希望者にはコケ玉、野草の苗を分ける。
 
 
写真=心癒やされる山野草と絵画、工芸作品に囲まれて杉森さんら

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ