WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年5月20日のニュース

駅北のコーナン福知山店、22日に開店 「産直館」で地元産品

0520conan.jpg
 駅北の集客と活性化にと期待を集める、大型ホームセンター「コーナン福知山店」が22日、福知山市の駅北大規模街区(福知山駅東側)にオープンする。建築、農業資材をはじめ日用品など幅広く扱うほか、「循環型の小売り」をと、地元の農家が育てた野菜などを持ち込む「こーなん産直館」を設ける。

 開設するコーナン商事(疋田耕造社長、本社・堺市)は関西圏を中心に、2月末現在で224店舗を展開している。福知山店は約1万4600平方メートルの敷地に鉄骨平屋9207平方メートルの施設で、店舗面積は7603平方メートル。家電やペット用品を含め約8万2千アイテムを扱う。
 
 福知山店の大きな特長となるのは、売り場面積の1割を占める「産直館」。一昨年、和歌山県の上富田店に開設したところ好評だったことから増やしている業態で、福知山店が導入4店舗目となる。
 
 地元農家らが栽培した農産物などを持ち込み、自分で値付け、陳列までを行い、販売管理を店舗側が行う。すでに約180人が登録しており、「更に増やしていきたい」としている。
 
 ホームセンターは農業資材を多く扱っており、農産物売り場を提供することで購買者である農家の役に立とうというのが元々の発想。「購入いただいた資材でよい作物を育て、それを販売してもらうことで農家のみなさんに還元できる循環型小売業を目指している」と説明する。また店内に産直館を設けることで、店側と農家の距離が近くなり、購買ニーズがくみあげやすくなるともいう。
 
 産直館では農産物のほか、加工品、精肉も中丹地域から受け入れ、鮮魚は連日、舞鶴で水揚げされたものが入る。地元で取れない野菜、果物などは、コーナンのネットワークを利用して取り寄せるほか、福知山の特産品を他の産直館へ出品することも話し合われている。
 
 福知山店の年間売上目標は約10億円。産直館は1億5千万円を見込んでいる。
 
 店舗の営業時間は午前9時から午後8時まで。ほぼ年中無休で、駐車場は屋上と合わせて380台分ある。22、23日は先着プレゼントを用意している。
 
 
写真=オープンを控え商品搬入が続くコーナン福知山店

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ