WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年5月16日のニュース

春季高校野球:府立工業が優勝 夏に大きな期待

0516kougyou.jpg
 春季府高校野球2次戦の決勝戦が16日、京都市・わかさスタジアム京都(西京極球場)で行われ、福知山市の府立工業が京都成章を4−1で破り初優勝した。29日に和歌山県の紀三井寺球場で開幕する近畿大会に出場する。

 右速球派のエース西山と長打力のある上位打線が看板だったが、試合を重ねるごとに下位打線も調子を上げ、投打のかみあった春季大会になった。
 
 夏の大会のシード権を得る大事な8強入りを決める2次戦1回戦では、センバツ出場校の立命館宇治を4−1で下し、準決勝は京都外大西に11−1の5回コールドで圧勝。決勝の成章と合わせ、最有力強豪3校を順に破ったことは、選手たちの大きな自信になった。
 
 かつて峰山を北部初のセンバツへと導いた守本尚史監督に鍛えられ、近年着実に力をつけ、府の21世紀枠候補に推されたこともあった工業。今年のチームは冬の間に精神面も強くなっており、夏に大きく期待を抱かせる。

決勝戦
16日・わかさスタジアム
 
京都成章 000 000 010=1
府立工業 102 010 00x=4
 【成】西野、沢田、吉井―柏木【工】西山―桑原
 
 ○…工業は1回裏、振り逃げと犠打などで2死三塁とし、無安打のまま暴投で1点を先制。3回には左前打の木戸が盗塁で二塁へ進み嶋田、梅原の連続二塁打で2点を加え、試合を優位に進めた。長打力だけでなく、積極的な走塁で相手に揺さぶりをかける攻撃が光った。
 
 主戦・西山は内角を突く速球と大きな変化球を巧みに組み合わせ、捕手・桑原のリードもよく8回の本塁打による1失点、被安打3で完投した。

 
写真=決勝戦、成章打線を散発3安打に抑えたエース西山

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ