WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年4月17日のニュース

進路【工業】不況下でも大手への就職が多数 国公立大には12人進学

 府立工業高校は、2009年度の進路状況をまとめた。就職は、世界的な不況のなかにありながらも、在学中に取得した社会人レベルの資格を生かし、大手企業に多数が進んだ。大学は国公立に12人(現役のみ)が合格し、11年連続で2けたとなった。

 今春の卒業生は173人で、就職が51%、進学が49%だった。
 
 就職は、景気の冷え込みが厳しいなかだったが、384件(昨年564件)の求人があり、取得した資格やインターンシップ(就業体験)での経験を生かし、09年内にほぼ100%が内定した。
 
 地元ではエスペック、ベネシス、武田ヘルスケア、SECカーボン、オムロンなど。地元外ではトヨタ自動車、本田技研、JR西日本、関西電力、三菱重工業、住友電気工業、小松製作所など大手に就職した。
 
 国公立大は金沢、富山、兵庫県立がそれぞれ1人、大阪教育、福井各2人など計12人。推薦入試などの面接で、取得資格やロボットコンテストへの出場が高く評価された。私立は立命館、京都産業各1人のほか、大阪工業13人、大阪電気通信、摂南各6人など延べ50人が受かった。
 
 短期大学は13人、専門学校は20人がそれぞれ合格した。
 
 田中邦明副校長と進路指導部の志賀正史部長は「就職は、企業で欠かせない存在として活躍している卒業生が多く、定着率も高い。不況の影響を受けず、優良企業から多くの求人があった。府内での就職が65%だった。進学は、さらに専門性の高い研究をめざす生徒が選択している」と話していた。

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ