WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年4月16日のニュース

針穴通した写真の世界 ピンホールカメラ作品展

0416pinhole.jpg レンズはなく針穴からの光で感光材に像を写す「ピンホールカメラ」の写真展が、福知山市篠尾新町のギャラリー喫茶「ぐう」で16日から開かれている。写し出されたソフトな画像が訪れた人たちに受けている。28日まで。

 出品しているのは綾部市上野町の梅原隆さん(61)。4年前に興味を抱き、自分で作って写してみようと始めた。
 
 既製のカメラをもとに設計図を書き、バルサ材などを使い製作。現在5台を所有している。今回はそれらのカメラで撮ったカラー写真10枚を出している。
 
 雪をかぶった南丹市美山町のかやぶき屋根の民家、綾部市の安国寺のモミジ、福知山市の長安寺での木漏れ日などの情景を撮影。普通のレンズカメラのような鮮明さには欠け、少しぼやけたソフトな感じに仕上がっている。中にはちぎり絵のような幻想的な世界を作り出している写真もある。
 
 写真のほかピンホールカメラ5台も展示。梅原さんは「ピンホールカメラで撮ると、ピントは甘くなるが、味わい深い写真になる。写真を見てもらい、ほっこりとしていただければうれしい」と話している。
 
 開催時間は午前10時から午後6時まで。木曜定休。5月にはぐうで、ピンホールカメラを作る講習会を開く予定。
 
 
写真=ピンホールカメラで撮った写真と愛機を持つ梅原さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ