WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年4月11日のニュース

土地購入者ゼロで市が15%値下げ 分譲条件も緩和

0410toda.jpg 福知山市は、戸田地区で分譲中の宅地22区画の価格を4月から約15%下げた。農業とのかかわりが必要としていた一部の分譲条件も緩和しており、実質上は誰でも購入できるようになった。14日まで申し込みを募り、重複した場合は19日に抽選する。

 由良川改修事業に伴う戸田地区の集落移転先用地として造成した分譲地で、移転が落ち着いた08年11月から一般向けに販売している。
 
 市街化調整区域で、原則として農家しか家を建てることが出来ないが、購買層の広がりを狙い、農業に興味がある人や就農希望者でも良いとして広く募った。しかし、反応は鈍く、加えて昨年12月まで抵当権の設定が出来なかったことも購買意欲を抑え、3月末までに1区画も売れていない。
 
 市は、分譲地を含む市営土地改良事業地区の遷喬地区が、09年度農業農村整備事業優良地区コンクールで農林水産省農村振興局長賞をこのほど受けたことを追い風に、価格の見直しと条件緩和で売却促進を図る。
 
 農業にかかわりがない人が購入する場合の「地元の農事組合法人遷喬ふぁーむの準構成員になる」との条件は変わらないが、これまであった農業体験や草引きをするなどの加入要件がなくなっている。市農林管理課は「準構成員になったから何かをしなければいけないということではなく、一帯が農業地域ということを理解していただき、周囲の生活から逸脱しない限りはどなたでも申し込みいただけます」としている。
 
 宅地は約220平方メートル(約620万円)−約660平方メートル(約1850万円)。
 
 市街化調整区域のため建築物の高さ制限などの注意点がある。募集期間終了後に残区画がある場合は先着順で受け付ける。


写真=価格と条件を変えて売却促進を図る戸田地区の宅地

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ