WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年3月 9日のニュース

DMATが参集 各機関連携して実動訓練

0308dmat.jpg 大規模災害や事故の際に現場で医療救護活動をする府緊急災害医療チーム(DMAT)の実働訓練が6日、福知山市民病院で行われた。市消防本部や自衛隊など関係機関も参加する大がかりな訓練は府内で初めて。指揮伝達系統や情報の共有などを確かめ合った。

 DMATは医師、看護師、業務調整員(救急救命士、事務員ら)で構成し、専門的な訓練を受け、機動性を持っているのが特徴。実働訓練は震度6強の地震が発生したとの想定で行われた。
 
 京都第1赤十字病院、公立南丹病院などから4チームが市民病院に到着。香川恵造院長が病院施設の被災有無や入院患者数など現状を説明し、「列車事故もあったと連絡が入っています。これから重症傷病者が次々と搬送されて来ます」との見通しなどを伝え、DMATと院内に設けられている対策本部との連携が始まった。
 
 福知山医師会からも、自院への電気が途絶え治療ができない医師が応援に駆けつけ、他の医院の状況を報告。傷病者が増えている病院から支援要請が入りだし、DMATが応援に向かったりした。
 
 市民病院でも独自に訓練を行い、対策本部の立ち上げや傷病者の様態別に治療優先順位を判別するトリアージなどを行った。
 
 香川院長は「DMATのみなさんはよく訓練され、連携もとれていて心強く思いました。様々な機関が参加したことで、マニュアルだけではつかみきれないことも体験できました。今後に生かしていきたい」と話していた。
 
 
写真=運び込まれた傷病者の治療にあたるDMAT

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ