WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年3月 5日のニュース

国語の教科書に出てくる糸車 出前講座で体験

0305itoguruma.jpg 福知山市大江町南二、有仁小学校(月見正代校長、61人)で4日、府立丹後郷土資料館(宮津市)の出前講座があり、1年生5人が懐かしい民具「糸車」を使って、綿から糸を紡いだ。1年生は国語で民話「たぬきの糸車」を学習していて、実際に糸車に触れることで、物語をより深く理解することができた。

 「たぬきの糸車」は、わなにかかったたぬきが、きこり夫婦の妻に助けられ、そのお礼に糸車を使って、多くの糸を紡いでいくという動物の報恩話。
 
 出前講座は資料館の横出洋二資料課長が講師を務めた。昔は植物や動物から糸を作ったことや糸車の使い方などを説明したあと、綿から種を取り除く「わたくり機」と糸車の使い方を見せた。
 
 続いて児童たちが体験。横出さんに手を添えてもらいながら、紡いでいくと、次第に糸になり、「できた」と大喜びしていた。倉橋瞳人君(7)は「(糸車を)回すところが楽しかった。糸ができるのがよく分かった」と話していた
 
 
写真=横出さんから糸車の使い方を教わった

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ