WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年3月 4日のニュース

次代担う地元の子たちを支えるためにと奨学金制度 福知山ライオンズ

0304lions.jpg 次代を担う子どもたちのためにと、福知山ライオンズクラブ(高橋正樹会長)は奨学金制度を設け、地元の高校生を応援している。3日夜に福知山市のサンプラザ万助で開いた例会で、今年度分として4月からの3人分を贈呈した。

 制度は1987年から設けていて、市中学校長会の推薦を受けて奨学生を毎年1人ずつ選定。奨学生には年10万円を3年間支給していく。返済義務はなく、これまでに24人に支給してきた。
 
 例会には市中学校長会から会長の塩見勧・日新中校長を迎え、高橋会長から塩見校長に奨学金を手渡した。
 
 この後、塩見校長が現在奨学金を受けている高校生3人が書いた近況報告を代読。福祉の勉強に3年間励んだ生徒、生徒会活動に励み奨学金をいろんな資格取得の参考書購入などに生かしている生徒らの様子を紹介。塩見校長は「みんな自らの目標に向け努力し続けています」と話した。
 
 4月からの新たな奨学生も決まっており、高橋会長は「クラブの財政も厳しくなっていますが、近況報告をうかがい奨学金制度の重要性を改めて感じています。福知山の将来のためにも、何とか続けたい」としている。
 
 
写真=高橋会長(左)から塩見校長に3人分の奨学金を手渡した

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ