WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年2月24日のニュース

八十八年目の秋葉講 法要と法話で煩悩消す

0222akiba.jpg 「秋葉さん」と慕われ、火伏せに霊験あらたかとされる秋葉三尺坊大権現を祭る福知山市下篠尾の曹洞宗・円応寺(大山義信住職)で21日、防火を祈願する例大祭が営まれた。地元の人たちが講を組織して今年が88年目にあたり、大勢の人が参拝して、火事の無い毎日に感謝した。

 大山住職による火難・盗難除け法要に続き、福知山市仏教会教化委員長の菊藤明道・明覚寺住職が法話を行い、心の持ちようを説いた。
 
 秋葉さんが、火災だけでなく煩悩も払うと伝わることから煩悩の話を中心に語り、世の中で様々な事件が起きることを「目に見える物だけが確かなものだとする科学のみを教える世の中になり、目に見えるお金や物質ばかり追い求め、それが幸せだと思うようになったから」だと断じた。
 
 仏教の教えはその逆。どんな高級車も上等な服も何年かすれば朽ちるように、「物質はあてにならない」としている。それが色即是空。色とはカラーのことではなく、物質のことであり、物は仮に存在するにすぎない。桜の花という物質が咲くのは目に見えない大自然の力が結集するからこそだ−と仏教の宇宙観を説いた。
 
 その上で、昔は一粒のご飯でも「粗末にすると目がつぶれる」と言われたのは、眼球の目ではなく、物を粗末にすることにより心の目がつぶれることを教えられたのだと話し、空即是色の教えを引いて「物に感謝する」心を持つよう諭した。
 
 さらに、法華経にある、物欲から早く脱しなさいという教えの「火宅」の解説を通して「あれが欲しい、人がねたましいといった心の中で燃えさかる煩悩が仏法の水で消えたのが涅槃です。目に見えないご縁に引かれてここに集まったみなさんは我欲を捨て、涅槃を求めて下さい」と導いた。
 
 
写真=「我欲を捨てて涅槃を」と説いた市仏教会の菊藤教化委員長

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ