WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年2月22日のニュース

福知山動物園の入場者が過去最多を更新

0222doubutsuen.jpg 動物と触れ合え、親子連れに人気の高い福知山市猪崎、市動物園(二本松俊邦園長)で21日、今年度有料入場者数が、過去最高だった2007年度最終入場者数(5万2620人)を超えた。5万2621人目となった小学生に記念品が渡された。

 市動物園は1978年5月に開園。85年4月から有料となり、現在は70種、300匹(羽)を飼育している。有料入場者数が5万人を超えたのは06年度からで、07、08年度も続けて大台を超えた。
 
 今年度は1月24日にすでに5万人超えとなった。書き入れ時の土・日曜日が比較的天候がよかったうえに、今冬は雪が少なく、暖かいため客足が伸びた。
 
 また園内では、動物たちにえさを与えることができ、触れ合えるようになっていて、人懐っこいシロテテナガザルや高所で投げられたえさをうまくキャッチするアライグマなど、ユニークな動物がいることで人気を集めている。特に昨年9月に、シロテテナガザルの「山ちゃん」を入り口近くの囲いの中で飼育し始めてからは、来園者がぐんと増えたという。
 
 5万2621人目となったのは舞鶴市丸山の倉梯第2小学校4年生の小谷美南さん(10)。母親の美津子さん(40)と姉で青葉中学校1年の奈々さん(13)と一緒に初めて訪れた。
 
 二本松園長から動物園、植物園、児童科学館の3館に無料入場できる、写真入りの特別招待券と犬のぬいぐるみを渡された美南さんは「びっくりした」と驚き、「動物にえさをやれるところがおもしろかった」と園の感想を話していた。
 
 二本松園長は「市内だけでなく京阪神、関東などから訪れる人たちもいて、認知度が上りました。最終的には6万人には届かないかもしれませんが、それに近い数になるのでは」と期待している。
 
 
写真=シロテテナガザルの「知ちゃん」の飼育場前で、二本松園長(右)から記念の特別招待券をプレゼントされる小谷美南さん

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ