WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年1月30日のニュース

府新年度予算:「丹波」ブランド強化に兵庫と連携

0130tanbakuri.jpg 「丹波ブランド」の強化は府県の枠を超えて取り組む。

 丹波栗、丹波まつたけ、丹波黒豆、丹波大納言(小豆)など、丹波ブランドの農産物は全国区の知名度と人気があるものの、府内の観光振興には結びついていない。
 
 丹波の国は京都府、兵庫県と一部大阪府にまでかかる広い地域。新年度は、このうち京都府の出先機関の中丹、南丹両振興局と、兵庫県の出先機関の丹波県民局が連携して「丹波国」のイメージ戦略を展開していくことにした。
 
 対象エリアは福知山市、綾部市▽亀岡市、南丹市、京丹波町▽篠山市、丹波市。
 
 これまで中丹振興局は北部同士の丹後局と観光振興で連携することはあったが、南丹局とはまれ。府県を超えて連携することは、まず無かった。観光マップを作っても振興局単位で制作すると、隣接地域に人気の観光スポットがあっても記載されていなかったり、管外は白紙だったりした。
 
 新年度はまず統一マップを作って観光客の回遊を誘い、丹波ブランドを高めることで農林産物や物産品の価値も高め、京阪神での合同PRや「大丹波展」(仮称)の開催を計画している。
 
 
写真=大粒で人気の丹波栗。「丹波」ブランド農林産物は全国区の知名度を持つ。更に強化して地域への波及効果を高める
 
【関連ニュース】
 ・府新年度予算:スポーツ観光で人を引き寄せろ
 
 ・府新年度予算:「丹波」ブランド強化に兵庫と連携
 
 ・府新年度予算:ドクターヘリ運用や医師育成も
 
 ・府新年度予算:低所得世帯の私立高無償化

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ