WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年1月29日のニュース

節分を前に鬼が衣装合わせ 大原神社

0129oni.jpg 福知山市三和町大原の大原神社(林秀俊宮司)で29日朝、節分行事に登場する鬼の衣装合わせが行われた。2月2日に氏子の各家を訪問する鬼迎えと、3日の追儺式に使う鬼たちで、地元の人らが衣装を身に付け、金棒を手に迫力満点の姿を披露した。
 

 大原神社の豆まきは、一般とは異なる「鬼は内、福は外」の掛け声。全国でも珍しいものであることから、これを生かして地域を元気にしたいと、地元有志でつくる大原話し合いの会(大槻兄市会長)が、1996年に従来の追儺式をバージョンアップさせて、6匹の鬼に扮して各家を回る鬼迎えも始めた。
 
 鬼迎えは、2日夜に家庭の鬼(厄)を迎えに行く儀式。訪問先で鬼たちが玄関をたたいて「鬼はおらんか」などと奇声をあげ、豆を渡して「3日にこれを持って神社に参れ」と告げ、各家では酒を振る舞ったりして鬼を迎える。ことしで15回目を数え、大原ならではの和やかな厄払いの行事として定着している。
 
 大槻会長は「ことしは15回目の記念すべき年となり、面を新調しました。3班に分かれ集落を回りますが、酒の振る舞いで最後はへろへろになります。心待ちにしておられる方が多く、張り切って押しかけたい」と話していた。
 追儺式は、各家庭から集まった鬼を改心させる儀式で、3日午後7時から境内で行われる。本殿で宮司が、桃の弓で四方に矢を射っておはらいをしたあと、各家から厄を持ち帰った鬼たちが現れて暴れ回る。
 
 待ち構えた氏子たちが、「鬼は内、福は外」の掛け声とともに豆を鬼たちに投げると、鬼たちは本殿に逃げ込み、改心してお多福の顔になって再び現れる。
 
 このあと、境内では福の神になった鬼たちにより、景品付きの福豆が参拝者にまかれる。境内では甘酒の無料接待があるほか、午後6時からは「古神札焼納お火焚祭」も営まれる。
 
 
写真=新調した面で気勢をあげる赤鬼、青鬼たち

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ