WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年1月21日のニュース

元気な声で「ごめいさん」 そろばん教室の先生が小学校で指導

0121sorobann.jpg そろばん教室の先生たちが小学校へ出向き、子どもたちに指導をするボランティア授業が21日午前に、福知山市野花の上川口小学校(坂本幸彦校長)で行われた。子どもたちは指の動かし方から教えてもらい、夢中になって練習問題に取り組んだ。
 

 全国珠算教育連盟両丹地区連合会が9年前から行っていて、旧市域では上川口小が今年度の皮切り。6人が学ぶ3年生の教室を、連合会の吉田裕明会長(55)が訪れ、大きなそろばんを使って玉のはじき方や位取りなどを説明していった。
 
 「そろばんは中国から伝わりました。筆算は一の位から計算をするけど、そろばんは十や百の位からします」といった話もあり、興味を引きながら実際にそろばんを使っての計算を繰り返した。
 
 初めは緊張して指が動きにくかった子たちも、五の玉と一の玉の違い、位取りの仕組みが分かり出すとスムーズに玉がはじけるようになり、「できた!」と、とびっきりの笑顔。自信を深めて次々と難しい問題へ進んでいき、みんなで答えを合わせては、正解の「ごめいさん」の声を元気に教室に響かせていた。
 
 上川口小では22日にかけて計4時間行われる。引き続き上豊富小でも2月8、9両日に3年生クラスで計4時間、大正小で同月15日から19日にかけて3年生2クラスと4年生3クラスで計11時間予定されている。旧町域では昨年12月に三和町の川合小で行われた。
 
 
写真=教えてもらって出来るようになるたび、どの子も笑顔が増していった(きょう午前10時すぎ、上川口小学校で)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ