WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年1月18日のニュース

ショウガじゃないよ 高齢者らが菊芋を収穫して販売

0118kikuimo.jpg 見た目はショウガのようで、健康食品として注目を集める菊芋(キクイモ)を、高齢障害者の支援活動をしているNPO人権の会しあわせネットワークが栽培。昨年末に福知山市今安の農地でたくさん収穫した。「血糖値の急激な上昇を防ぐ」などとされ、授産事業の一つとして販売に力を入れていくことにした。
 

 もともとはNPOの阪根義秋理事長が「自分の糖尿病の改善に」と思って2年前に取り寄せたものを増やし、昨年、今安の農地でお年寄りたちが栽培。12月28日に1トンを収穫した。
 
 キク科の植物で、地下の塊茎(かいけい)を食用にする。ゴツゴツした形と黄土色の表面の質感が、まるでショウガのよう。戦中・戦後に救荒作物として栽培されたが、栄養価が低く消化吸収が悪いこともあって、あまり作られなくなった。ところが近年になって、非消化性の多糖類イヌリンを含んでいることから、健康食品として注目を集めるようになった。
 
 俗に、「血糖値の急激な上昇を防ぐ」「コレステロールを下げる」ともいわれている。
 
 見た目と違ってショウガ味はしないが、シャキシャキした食感で、スライスしてサラダに使ったり、キンピラにしたり、煮物や天ぷらにもでき、「いろんな料理に使えて便利ですよ」と会員たちは話している。
 
■餅をついて笑顔の一日■
 
 NPOはほかにも小豆や白菜などの栽培を手がけ、17日には、収穫した作物を使ったごちそうを並べ、岡ノ三教育集会所で新春の集いを開いた。
 
 餅つきをして、きなこや自分たちが育てた小豆でおいしく食べたり、ボランティアたちによる音楽演奏を楽しんだりして、笑顔の一日を過ごした。
 
 
写真=ショウガのような見た目の菊芋。スライスしてサラダに使ったり、煮たりといろんな調理ができる

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ