WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


両丹日日新聞2010年1月15日のニュース

冬季だけの中学校寄宿舎開所 大江で今年度は2人

0115kisyukusya.jpg 降雪や道路凍結で登校しにくくなる遠距離通学生たちの寄宿舎生活が、福知山市大江町波美の大江中学校(片山哲朗校長、143人)で14日から始まった。今年度は女生徒2人だけが利用し、1952年の寄宿舎開設以来、一番少ない人数となった。寄宿舎生活は2月18日まで。
 

 冬季に寄宿舎で生活する生徒は近年でも00、01年度には20人を超えていたが、この3年間は4、5人となっていた。今年度は通学に片道7キロ以上かかる地域の生徒13人のうち、1年生の渡辺彩希さん(13)、2年生の四方愛美さん(14)=いずれも南山=が寄宿舎入りした。
 
 寄宿舎の開所式では片山校長が「2人とも卓球部の先輩、後輩で普段から仲がいいので、力を合わせて、ルールとマナーを大切にして生活を送ってほしい」と話しかけた。寮長の四方さんは「けじめのある充実した生活を送ることを誓います」と宣誓した。
 
 式後2人は校舎内にある寄宿舎に行き、生活用品の整理をした。初めて寄宿舎生活を送る渡辺さんは「環境が変わるので生活していけるか不安ですが、四方さんを頼りにして頑張りたい」。2年目の四方さんは「渡辺さんは初めてなので、協力し合って楽しく過ごしたい」と話していた。
 
 
写真=寄宿舎生活を始めた2人(左から渡辺さん、四方さん)

    

[PR]



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ