WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年12月30日のニュース

絹紙張った竹灯籠で、大みそかに光の回廊 大江の2カ寺周辺

1229takedourou.jpg 福知山市大江町河守で大みそかの夜、神社へ参る人たちの足元を照らす竹灯籠(とうろう)が今年も並び、光の回廊をつくる。
 

 河守清水区の青壮年でつくるグループ(桐村正人代表)が3年前から実施している。竹灯籠は約15−20センチに切った竹を使用。中にろうそくを入れてともす。今年も地元の念称寺(水野禮爾住職)と浄仙寺(古寺忠夫住職)を結ぶ道と参道に計300個を並べる。
 
 両寺の間に置く竹灯籠は正面部分を四角に切り、絹糸で作った「絹紙」を張っていて、色とりどりの紙を通して、ほんのりと光が見える。絹紙はグループの一員、天田清和さん(55)が製作した。
 
 31日は両寺の参道に各100個、寺の間の道に100個を置く。花火の打ち上げも計画している。点灯時間は午後9時から午前1時ごろまで。
 
 
写真=絹紙を張った竹灯籠と製作者の天田さん

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ