WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年12月16日のニュース

名産品開発意欲的に 里の駅みたけ、年間通じて加工品販売

1216satonoeki.jpg 地元で豊富にとれるユズで新しい名物をと、福知山市一ノ宮、「里の駅みたけ」で15日、施設の運営委員会加工部会が講習会を開いた。これまでからユズの甘煮、ユズ味噌など人気商品を手がけてきたことをベースに、「お客さんに喜んでもらえる品を増やしたい」と部会員たちは意欲いっぱいだ。
 

 里の駅みたけは国道426号沿い、三岳小学校の向かいにある。正式には三岳高齢者活動促進施設といい、道の駅にならい「里の駅」を名乗る。駐車場とトイレ、農産物の加工、販売施設があり、地元でとれる農産物や加工品がドライバーらに人気。新米まつりなど地域のイベント会場としても活用されている。
 
 農山漁村いきいきシニア活動表彰奨励賞など全国表彰も受けていて、11月にも府農林水産フェスティバルで施設運営委員会(有幸男委員長)が農林水産業功労者表彰を受けた。
 
 盛んな活動の一翼を担うのが加工部会(有町子部会長)。元気印の女性10人で構成している。手がけるのはキュウリのしょうゆ漬け、かす漬け。ナスのからし和え。ハヤトウリのしょう油漬けといった漬物類。梅干し、しょうが漬け、サツマイモのツルの佃煮。味噌は春のフキノトウ味噌に始まり、季節ごとに木の芽、山椒、とうがらし、今の時期はユズを使う。ユズ味噌を熱々ご飯にのせれば、「満腹でももう一杯食べられる」と評判を呼ぶ。
 
 ユズは自宅敷地に木を植えている農家が多く、三岳でたくさん収穫できる。特に今年は豊作だったことから、府中丹西農業改良普及センターから乾多津子所長らを講師に迎え、加工講習会を開いた。
 
 習ったのはオレンジピールと同じ作り方をする砂糖菓子、ユズピールとユズのマーマレード。どちらもユズの風味をそこねず調理するポイントを学んだ。
 
 熱の通し方、砂糖のまぶし方など熱心に質問しながら実習。ほかの産物にも応用できるとあって部会員たちは「これをヒントに、また新しい人気商品を作ろうね」と笑顔で話し合っていた。
 
 
写真
=指導を受けながらユズピールを作る加工部会員たち

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ